洋書を多読!”A Little Princess”(小公女セーラ)を読んだ感想とあらすじ【Oxford Bookworms ステージ1】

A Little Princess

※この記事はプロモーションを含みます

初心者向けのOxford Bookworms で洋書多読をするようになってから、ふだんは絶対に読まないような児童書の名作をどんどん読めています。

大人になると、どうしてもビジネス書とか実用書を読みがちなんですよね。

そういった意味では、ふだん得られないエッセンスみたいなものに触れられるのが、洋書多読の魅力なのかもしれません。

さて、今日ご紹介するのは”A Little Princess”という作品。日本では「小公女セーラ」という邦訳タイトルが付いています。あらすじと、実際に読んだ感想をご紹介します。

  • 10秒でわかる!"超節約"できる聴き・読み放題
  • ① 小説・ビジネス書・洋書など12万以上の作品が聴き放題 → Audible
  • ② 洋書や英語参考書など200万冊以上が読み放題 → Kindle Unlimited
  • ③ 6,000誌以上の雑誌が読み放題で業界最安。楽天ポイントも → 楽天マガジン
  • ※ すべて1ヶ月間無料で体験ができます

このブログの運営者
あゆむ

独学でTOEIC455 → 830丨Versant 44丨5年以上、英語学習を毎日継続中丨書店員 → 出版社 → フリーランス9年目丨30代・夫婦+保護猫🐈丨読書は年間100冊超📚丨趣味は本屋巡り・MMA観戦丨【社会人のための「挫折しない」英語学習メルマガ講座】やってます。無料登録はコチラ

あゆむをフォローする

”A Little Princess”のあらすじ【※ネタバレあり】

インドで生まれた主人公の少女Sara(セーラ)は、裕福でやさしい父親のもとに育ちます。

イギリスの学校に寄宿することになり、お父さんのことが大好きなSaraは「一緒に来てほしい」とお願いしますが、父親は仕事があるでインドに帰らなければなりません。

結局、Saraは1人で寄宿先で生活を始めることになりました。

寄宿先の校長先生であるMiss Minchinは、”お金持ちの子ども”を暖かく迎え入れます。

Saraは学校でも多くの友達に恵まれ、さらには召し使い( servant )として働いている少女 Becky にまでやさしく接するのでした。Saraはとてもやさしい女の子なのです。

順風満帆に思えたSaraの毎日でしたが、突然の訃報が舞い込んできます。なんと、大好きだったお父さんが亡くなってしまうのです。

校長であるMiss Minchinはお父さんが死んだと聞いて、Saraを学校から追い出すと言い出します。校長は、Saraの父親がお金持ちだから厚遇してただけだったのです。

なんとか学校は追い出されずに済みましたが、学費を払えなくなったSaraは、生徒ではなく、寄宿先で召し使いとして働き始めることになりました。

ここからSaraの辛く、しかし、彼女の強い意志ある生活が始まるのです。さて、Saraの日々はどんな結末を迎えるのでしょうか?

”A Little Princess”の感想「損得勘定がないって素晴らしい」

ここからも少しネタバレ要素が含まれますので、注意してお読みください。

僕が本作を読んだ感想としては、「立場なんか関係なく、誰にでも優しく接することができる心って美しいなぁ」というものでした。

ふだん生活していると、自分の利害関係ばかり考えてしまいますよね。特に大人になればなるほど、損得勘定で物事を考えがちです。

でもSaraにはそんな損得勘定が一切ないんです。ツラそうな人がいればとにかく声をかけてあげる。悩みを聞いてあげる。そこには自分の損得が一切含まれていません。

物語の序盤で、召使いの少女Beckyにもやさしく接するシーンが、それを物語っています。

これって、ビジネス書とか読んでても身につかないし、ふだんの生活でもなかなか触れられない部分な気がしています。

登場人物はそこそこ多いので工夫して読むのがおすすめ

単語数レベル目安(英検)レベル目安(TOEIC)
Starter250 語
Stage 1400 語英検3〜5級250〜380点
Stage 2700 語英検準2級310〜400点
Stage 31,000 語英検2級380〜560点
Stage 41,400 語英検準1級420〜700点
Stage 51,800 語
英検準1級520〜750点
Stage 62,500 語英検1級800点以上

この本はOxford Bookwormsのステージ1に分類されるので、英語レベルとしては初心者向けに書かれています。

これは僕の読解能力というか、仕分ける能力が低いというのがあると思うんですが、作品に出てくる登場人物の整理がむずかしいですね。

文法も単語もそこまでむずかしくありません。ただ、「このセリフは誰が言っているのか?」というのをちゃんと整理して読まないと、文章の意味は取れてもストーリーがちんぷんかんぷんということになりかねません。

幸いなことに、登場人物はすべて挿絵付きで登場しますので、挿絵を見ながら人物名をインプットしてしまうのがおすすめです。

  • 【おすすめ度】
  • 4.0
小説本のレビュー

【ちょっと安すぎ】200万冊以上が読み放題という衝撃

  • 10秒でわかる!"超節約"できる聴き・読み放題
  • ① 小説・ビジネス書・洋書など12万以上の作品が聴き放題 → Audible
  • ② 洋書や英語参考書など200万冊以上が読み放題 → Kindle Unlimited
  • ③ 6,000誌以上の雑誌が読み放題で業界最安。楽天ポイントも → 楽天マガジン
  • ※ すべて1ヶ月間無料で体験ができます

僕は紙の本でも読書や勉強をしますが、Kindleの電子書籍もフル活用しています。

Kindle Unlimitedを使うと本・マンガ・雑誌、さらには洋書や英語参考書など200万冊以上が好きなだけ読み放題になります。

圧倒的にコスパが高いので、読書や英語学習の費用を節約したい人には本気でおすすめです。

Kindle Unlimitedは30日間無料で試せるので、ぜひ使ってみてください!

▶ 30日間無料でKindle Unlimitedを試す

【無料プレゼント】会員限定記事3本がスグもらえる

無料メルマガに登録していただくと、下記の3つの特典記事(10,000字超相当)をプレゼントいたします!

  • 特典記事① もう挫折しない。英単語を効率的に覚える3つのコツ
  • 特典記事② 最小限の労力で英語が話せるようになる5つの秘訣
  • 特典記事③ 最短でTOEICスコアをUPさせる勉強スケジュール

メルマガでは、【社会人のための「挫折しない英語学習」】をテーマに、勉強法やメンタルの保ち方を解説。

「もう挫折したくない」「今度こそ英語ができるようになりたい!」という人は、ぜひ無料購読してみてください。

登録後、すぐに特典記事をメールにてお届けします。お金は一切かからないのでご安心ください。

無料登録はコチラ◀