文頭の ing はどうやって訳せばいい? ing 節をスッキリ理解する【English Grammar in Use で学ぶ英文法】

英語学習

英文法でわからないところが出てきたら、”English Grammar in Use”を参考にするようにしてます。

今回はUnit 68 で解説されている “- ing clauses”(ing節)を引用しつつ、ingをどうやって訳すか?について見ていきます。

この記事を書いた人
あゆむ

1日3時間、毎日コツコツと英語の勉強してます。Versant 44。TOEIC450点→750点。目標は900点超え。2023年6月に英検1級受験予定。丨銀行員 → 書店員 → 出版社 → フリーランス → 法人化6年目。1人で会社をやってます。ブログの累計読者は400万人を突破。Twitter(@Book_Baum)で洋書多読や英語学習のコツを発信。

あゆむをフォローする

文頭の ing はどうやって訳せばいいのか?

英語の勉強を進めていくと、少しずつ見慣れない英文に出くわすことが増えていきます。

その一つが、英文の先頭にある ing です。

結論からいうと、これは「理由・原因」を表します。

実際の例文を見ながら比較してみると、かなりラクに理解できると思います。

“English Grammar in Use”にある例文を見てみましょう。

  • Feeling tired, I went to bed early.
  • 疲れていたので、早めに寝た。

こうして日本語訳をつけてしまえばいたって単純なんですが、実際に長文の中で文頭の ing が出てきたら訳せないことも多いと思います。

ちなみに、上記の文を ing を使わずに表現すると以下のような文になります。

  • I was feeling tired. So I went to bed early.
  • 疲れていたので、早めに寝た。

比べるとわかりますが、ing 節を使わないと、文が2つになって冗長な感じがしますよね。

つまり、文頭の ing を使えるようになると、文を短くスッキリと表現することができるわけです。

これが、文頭に ing を持ってくる理由(メリット)となります。

「同時に起こること」も ing でスッキリ表現できる

ここまでは「文頭」にフォーカスして、ing の使い方・訳し方を説明してきました。

しかし、”English Grammar in Use”には ing が持つ他の意味についても解説されています。

それはズバリ「同時性」です。要するに、物事が同時に起こるときの表現になります。

これもまずは”English Grammar in Use”の例文を見ていただいたほうがわかりやすいはず。

  • Kate is in the kitchen making coffee.
  • = She is in the kitchen and she is making coffee.
  • 彼女はキッチンでコーヒーを淹れている。

ここはわりと丁寧な説明が必要かと思います。というのも、1つめの文は making coffe の主語が省略されていて、パッと見ただけではわからないからです。

あらためて説明すると、「Kateはキッチンにいて、同時にコーヒーも淹れている」という意味を表しています。

初見で Kate is in the kitchen making coffee.という文を見たら「これは…?」となると思います。

ing を使うことで2つの物事を同時に表すことができる、ということを覚えておきましょう。

厄介に見える文頭の Having もスッキリわかる

ここまで、文頭のing が持つ「理由・原因」、文中で使われる「同時性」について説明してきました。

その応用編というわけではないんですが、”English Grammar in Use”には文頭の Having についても解説があります。

これは最初に説明した「理由・原因」で訳すとわかりやすいです。例文を見てみましょう。

  • Having found a hotel, we looked for somewhere to have dinner.
  • ホテルが見つかったので、私たちは夕食が食べられる場所をさがした。

文頭の Having found は「ホテルが見つかった(そして、現在に至る)」という訳し方をする現在完了形です。

「have + 過去分詞」の変形バージョンと考えるとわかりやすいかな。

一見するとわかりにくそうな文頭の Having も、時制がちがうだけというわけです。

ing の訳し方は「理由・原因」「同時性」でおぼえよう

あらためてまとめますと、文頭の ing は 「理由・原因」を表します(Feeling tired, I went to bed early.)

そして文中の ing は 2つの物事が同時に起こる状態を表します(Kate is in the kitchen making coffee.)。

ing というと、どうしても現在進行形で訳してしまいがちですが、現在進行系はあくまでも「be動詞 + ing 」のときだけです。

頭では理解できていても、パッと意味を理解するのはむずかしいものです。

“English Grammar in Use”には他の例文だけでなく、練習問題も豊富なのでぜひチェックしてみてください。

英文法・英語表現

わずか30日間で英語が喋れるようになった理由

英語の教材も読み放題


僕は以前まで英会話が極端に苦手でした。外国人を目の前にすると心臓がバクバクになり、頭が真っ白になってしまうのです。

しかし、スタディサプリENGLISHを30日間続けた結果、オンライン英会話でスムーズに会話ができるまでに成長しました。ここまで会話力が伸びたことに、正直自分でも驚いてます。

参考書でも英語の勉強はしますが、スタディサプリENGLISHもマジでおすすめです。

7日間無料で体験ができるので、ぜひ試してみてください(ちなみに、解約もかんたんなので安心)。

【7日間無料】スタサプ新日常英会話コース

 

▶ スタサプENGLISH 公式サイトはこちら

English Baum / 英語学習ブログ
タイトルとURLをコピーしました