【時間 + a.m ( p.m )】英語で午前・午後の時間を表現する方法

【時間 + a.m ( p.m )】英語で午前・午後の時間を表現する方法

英語で午前・午後の時間を表記するときは、以下の表現が正しい書き方です。

  • 【時間 + a.m ( p.m )】
  • (例)6:00 a.m.    9:00 p.m.

ポイントとなるのは、以下の太字で示した【時間】の書き方です。

  • 私はいつもバスで仕事に行ってます。午前9時に仕事にとりかかり、午後6時に勤務が終わります。
  • ☓【誤り】
  • I generally go to work by bus. At A.M 9, I get to work and at P.M 6 I go off duty.

日本語だとAM9時とかPM6時って表現をわりと普通に使いがちなんですが、英語での表記としては正しくないんですね。正しい書き方に直した文章は以下のとおりです。

  • ◯【正しい】
  • I generally go to work by bus. At 9:00 a.m., I get to work and at 6:00 p.m., I go off duty.

まとめると、

  • 午前9時は9:00 a.m.
  • 午後6時は6:00 p.m.

という書き方になります。ここでは文の途中に時間を書いているので「,」(カンマ)が付いています。

ちなみに、日本語では午後6時のことを「18時」と表記したりしますが、英語圏では一般的ではないようなので注意が必要です。あくまでも 「6:00 p.m.」を表記します。

英文法・英語表現

僕のTOEICスコアが3ヶ月で100点UPした理由

  • 10秒でわかる!おすすめ英会話
  • ① 低価格・高品質な講師のレッスンを重視するなら → QQ English
  • ② 業界最大手。質の高い教材&講師を重視するなら → レアジョブ英会話
  • ③ 900社以上の導入実績!ビジネス英語に特化するなら → ビズメイツ
  • ※ すべて無料体験レッスンが受けられます

僕はQQ English というオンライン英会話を愛用しています。他のオンライン英会話より講師の質が良く、レッスンの満足度はめちゃくちゃ高いです。初心者の人にもすごくおすすめ。

おかげで、TOEICのスコアが3ヶ月で100点UPしました。もちろん、TOEICだけでなく日常英会話やビジネス英語にも効果抜群です。

QQ Englishは 2回分のレッスンが無料で受けられるので、ぜひその良さを体感してみてください。

\ 2回分の無料体験レッスンから /

 

QQ English 公式サイトはこちら

English Baum / 英語学習ブログ
タイトルとURLをコピーしました