be doing と be going to〜で未来の予定を表す。違いは予定が確定してるか、してないか

英語

現在形と現在進行形。これだけ聞くとめっちゃ簡単そうだけど、実際の使い分けはけっこう複雑でむずかしい。

たとえば、現在形というと今のことを表すのは当然なんだけど、未来のことを表すこともある。

具体的には交通機関の時間を言ったり、なにかのタイムテーブル(映画とか)の時間を言うときには現在形を使う。

  • ▪ I have to go. My train leaves at 11:30.
  • ▪ What time does the film start tonight?

ふつうに考えると、上記の文ってどっちも未来のことを言ってるから will とか be going toを使っても良さそうに思える。でも現在形で言うという決まり。

その理由は現在形に〈安定〉というニュアンスがあるから。たとえば電車や映画の時刻って頻繁に変わってしまっては困るもの。だから現在形を使う。

2人称・3人称が主語の文で will を使うと〈根拠のない推量〉になるから、安定性に書ける。

be going to については、現在進行系が〈動くもの〉というニュアンスを持っていて、これまた公共の予定には不向きとなる。

 

あともう一つ覚えておきたいのが、be doing〜と be goint to〜のちがい。

まず be doing〜については「〜している」という現在進行形がまず思い浮かぶけど、意外と忘れがちなのが「未来の予定」を表す使い方。

ポイントとなるのは、be doing〜が「すでに確定している予定」であるということ。

  • ▪ I’m leaving tomorrow. I’ve booked my flight.
  • ▪ What time are you meeting Ann this evening?

一方の be going to 〜は確定していても、確定していなくても未来の予定を言うことができる。

厳密には、やろうと決意しているけど確定してない予定について使う(やらない可能性もある、ということ)。

  • A: Your shoes are dirty.
  • B: Yes, I know. I’m going to clean them.

未来のことを表すときって、だいたいwill か be going to〜を使ってしまいがちだけど、じつは be doing〜 を使った未来表現もネイティブはけっこう使うっぽい。

be doing〜が出てきたら「〜している」と反射的に訳してしまうクセを早めに取り除いたほうがいいかもしれない。

  • 【be doing 〜 と be going to 〜】
  • ▪ be doing 〜 確定している予定を表す(すでに決まっている)
  • ▪ be going to 〜 未確定の予定を表す(やらない可能性もある)
  • ▶ ただし、入れ替え可能なことも多い。使い分けないネイティブもいる模様。

ちなみに、このあたりの英文法のニュアンスについては『和文英訳教本』という本がめちゃくちゃわかりやすいからおすすめです。

極めてわかりやすい、英文法&英作文の参考書をレビュー『例解 和文英訳教本』
『例解 和文英訳教本(文法矯正編)』を買って読みましたので、くわしくレビューします。英文法や英作文対策には最高の1冊です。受験生だけでなく、社会人にもおすすめ。
英文法・英語表現

僕のTOEICスコアが3ヶ月で100点UPした理由

  • 10秒でわかる!おすすめ英会話
  • ① 低価格・高品質な講師のレッスンを重視するなら → QQ English
  • ② 業界最大手。質の高い教材&講師を重視するなら → レアジョブ英会話
  • ③ 900社以上の導入実績!ビジネス英語に特化するなら → ビズメイツ
  • ※ すべて無料体験レッスンが受けられます

僕はQQ English というオンライン英会話を愛用しています。他のオンライン英会話より講師の質が良く、レッスンの満足度はめちゃくちゃ高いです。初心者の人にもすごくおすすめ。

おかげで、TOEICのスコアが3ヶ月で100点UPしました。もちろん、TOEICだけでなく日常英会話やビジネス英語にも効果抜群です。

QQ Englishは 2回分のレッスンが無料で受けられるので、ぜひその良さを体感してみてください。

\ 2回分の無料体験レッスンから /

 

QQ English 公式サイトはこちら

English Baum / 英語学習ブログ
タイトルとURLをコピーしました