「All と all of の違い」「Most と most of の違い」【English Grammar in Use で学ぶ英文法】

English Grammar in Use

今日は “English Grammar in Use”のUnit 88 を気まぐれに読んでみました。

この記事では”English Grammar in Use”を引用しながら、「All と all of の違い」「Most と most of の違い」を学んでいきます。

All と all of の違い

僕も読み始める前はAll と all of の違いが全然わからなかったのですが、”English Grammar in Use”を1回読んだだけでスッキリ理解できました。

結論は以下のとおりです。

  • ・一般論として全体のことを言うときは All
  • ・特定のグループ内すべてのことをいうときは all of

これだけ聞いてもよくわからないと思いますので、”English Grammar in Use”で使われている例文を引用したいと思います。

  • ① All flowers are beautiful.(花は美しい)
  • ② All of this flowers in this garden are beautiful.(この庭の花は美しい)

①と②の例文を比べてもらえれば、All と all of の違いはよくわかると思います。

一応説明しておきますと、All のみを使う①の場合は「一般論」として花全体を指すことになります。

②は「この庭の花」とグループを特定しているので、 all of が使われています。

All と all of の決定的な違いはこれだけです。

名詞の直前に注目すればわかりやすいかも

All と All of の使い分けで迷ったら、「その名詞は特定のグループと特定されているか」を考えるとわかりやすいと思います。

それは英文を見ればよくわかります。

①の All flowers are beautiful. は All の直後に flowers という複数名詞が来ています。

②のAll of this flowers in this garden are beautiful. は All of のあとに this が来ています。つまり「この花」と特定しているわけです。

文法の穴埋め問題などの場合には、名詞の直前を見ると正誤が判断しやすいかもしれませんね。

Most と most of の違い

続いてはMost と most of の違いです。

じつはこれも先ほど説明した All と all of の違いと同じ考え方ができます。

つまり、

  • ・一般論として全体のことを言うときは Most
  • ・特定のグループ内すべてのことをいうときは most of

これも”English Grammar in Use”で使われている例文を引用したいと思います。

  • ① Most problems have a solution.(ほとんどの問題には解決策がある)
  • ② We were able to solve most of the problems we had.(私たちはほとんどの問題を解決できた)

①は「基本的に、問題には解決策があるよね」という一般論を言っているので、Most を使っています。

一方で②の場合は「私たちの問題」と特定されているため、most of という表現になっています。

「All と all of の違い」「Most と most of の違い」【まとめ】

  • ■ 一般論として全体のことを言うときは All ・ Most
  • ■ 特定のグループのことを言うときは All of ・ Most of

一見するとややこしそうに見える英文法ですが、”English Grammar in Use”の例文はいたってシンプルでわかりやすいんですよね。読むだけでちがいがスッキリわかります。

もっとくわしく知りたいという方は、”English Grammar in Use” をぜひ読んでみてください。

【正直にレビュー】英文法の勉強に『English Grammar in Use』を使ってみた結果…
English Grammar in Useを買いました。1周ほど読んで、問題も解いてみたのでレビューします。
タイトルとURLをコピーしました