レアジョブで「楽しいレッスン」を継続するための5つのコツ

英語学習1

基本的にオンライン英会話は楽しく継続できています。が、日によっては「しんどいな…」と感じたり、思ったようにモチベーションが上がらないこともあります。

波があると、レッスンの効果はもとより、継続もむずかしくなってしまいます。

レアジョブで楽しいレッスンを継続するために僕がやっていることを紹介していきます。

  • 10秒でわかる!おすすめ英会話
  • ① 低価格・高品質な講師のレッスンを重視するなら → QQ English
  • ② 業界最大手。質の高い教材&講師を重視するなら → レアジョブ英会話
  • ③ 900社以上の導入実績!ビジネス英語に特化するなら → ビズメイツ
  • ※ すべて無料体験レッスンが受けられます

日常から英会話のネタを探しておく

レアジョブ

オンライン英会話を「日頃のネタを実践で使ってみる場所」と考えると、わりと楽しく続けられると思います。

つまり、日常的に英会話に使えそうなネタを探しておくということです。「日常生活で英語のこと考えるのはイヤ」という人もいるかもしれませんが、僕はわりと楽しくやってます。

日常のネタというのは本当になんでもOKです。たとえば「このまえスーパーで買った瓶詰めのおかずが超美味しかった」とか「家だとスマホの電波が悪いから、他の携帯キャリアに乗り換えた」とか。

とにかく、日常でよくある世間話(スモールトーク)を思いついたら、それをオンライン英会話で使ってみましょう。

僕はなるべく、思いついたネタは手帳にメモ書きしています。ネタがあると「今日はこの話をしてみようかな」と考えることができるので、レッスンが楽しくなるはずです。

決められた教材をやるのに飽きた人は、ぜひ日常からネタを見つけてみてください。

「英会話で話すことがない」を速攻で解決する7つの方法
オンライン英会話で困るのが「話すネタがない」ということ。 特に、初対面の講師だと相手のこともよくわからないので、話すことがない状態になりやすいですよね。 僕も当初は話すことがなくて悩んでいましたが、コツ&やり方を掴んでからは会話...

海外ドラマや映画の表現を使ってみる

オンライン英会話

日常からネタを探すという話に近いですが、海外ドラマや映画を見ているときに「この表現使ってみよう!」と探してみるのもおすすめです。

市販の英会話本やオンライン英会話の教材とはちがって、ドラマや映画のセリフはネイティブがリアルに使うものばかりです。

そのため、主語の省略や倒置が平気で起きるので、むずかしい場合もあります。が、リアルな表現を学ぶにはうってつけです。

ただ、ネタ探しに夢中になりすぎると、ストーリーに入り込めない可能性もあります。あくまでも、メインは作品を楽しむことに集中して、アンテナに引っかかったものだけを拾うようにしましょう。

誰かと一緒に観ているときはむずかしいかもしれませんが、1人で観ている場合は映像を一時停止して、すかさずスマホにメモを取るようにしています。

【ガラッと変わる】英語の勉強が面白くない人におすすめの勉強法3選
英語の勉強が面白くないのは「英語が向いてないから」ではなく、「やり方が悪いだけ」というのが僕の持論です。 つまり、英語の教材や勉強法を見直すことで、英語学習は面白くなります。 今回は、僕が実際に試してきた英語学習が面白くなる勉強...

たまには違う講師を予約してみる

大人の英会話

僕は基本的にオンライン英会話では同じ講師を予約するようにしています。そのほうが最初の自己紹介を省略できるし、仲良くなってくるにつれて、深い話もできるようになってくるからです。

しかし、毎回のように同じ講師だと刺激がなくなってくるのも事実。また、講師によっては話すネタが尽きてくることもあります。

オンライン英会話を楽しく続けるためには、思い切って新規の講師を予約してみるのもおすすめです。それも、今までとは属性がガラッと違う講師を選ぶといいでしょう。

たとえばレアジョブの場合、講師はフィリピン人なので他国の講師を選ぶことはできませんが、いつも女性講師を選んでいる人なら、たまには男性にしてみるのも良い気分転換になります。

また、講師の趣味などをプロフィール欄で見ることができるので、自分の趣味や関心とは真逆の講師を選んで見るのもおすすめ。今までとはまったくちがう話題や知識を得ることができるので、非常に新鮮です。

【4つの条件】レアジョブで「良い講師」をかんたんに見つける方法
オンライン英会話は「良い講師に出会えるか」どうかで、効果や継続率が劇的に変わってきます。 レアジョブの講師は基本的に教えるのが上手な人ばかりですが、6,000人以上の講師が在籍しているので、正直なところハズレ講師に当たることもたまにあ...

自分の英作文(日記)を添削してもらう

英会話

僕は英語で日記を書くようにしています(気が向いたら)。日頃から英語を書くことで、ライティングのみならずスピーキングにも役立つので非常におすすめ。

とはいえ、自分で英語を書くと「この英文は文法的に正しいのか?」という疑問がついてまわります。英会話で話す英語はすぐに訂正してもらえますが、書いた英語はチェックしてもらわないと良し悪しがわかりませんので。

じつは、英作文の添削にもオンライン英会話が役立ちます。というのも、最近のオンライン英会話はチャット機能が充実しているからです。もちろん、レアジョブでも使えます。

このチャット機能を活用して、自分が書いた英作文を講師に送り、それを添削してもらえばいいというわけです。

「英文の添削なんて講師から嫌がられるのでは?」と思われるかもしれませんが、まったくそんなことはありません。

むしろ、生徒の熱心さが伝わるのか、講師も張り切って教えてくれます。

ただし、英文の添削は文法的に正しいかどうかを見てもらう必要があるため、講師を選ぶのも事実です。なるべく英文法や英語表現の知識に理解がある講師を選んだほうがいいでしょう。

レアジョブでは講師のプロフィール欄から学歴や職歴を確認することができます。たとえば、大学の英米文学部を卒業しているような講師だと英文法の知識が深い傾向があります(もちろん講師によって差はあります)。

また、レアジョブでは日本人講師のレッスンも受けられるので、自分が書いた英文を添削してもらいつつ、文法の説明が必要な場合は日本語で教えてもらうのもアリです。

【5つの効果】レアジョブのレッスンを受けて実感した成果とは
オンライン英会話でレッスンを受けるまでは「本当に効果あるの?」と半信半疑でした。しかし、実際にレアジョブで英会話をやってみると、わずか1ヶ月程度で「英語が話せる感覚」を得られたので驚きを隠しきれず。もちろん、すぐにペラペラになれるわ...

英会話で英検対策をしてみる

結局、英語学習は繰り返しに尽きる。

これは人を選ぶといいますか、好き嫌いがあると思いますがレアジョブで英検対策をしてみるのもおすすめです。

僕は日頃の英語学習から資格試験、特に英検対策に取り組むことを推奨していまして、実際僕もやってます。

個人的にはTOEICよりも英検のほうが良いと思っていて、その最たる理由は勉強が楽しいからです。特に英検の長文読解は、もはやふつうの英文ニュース記事なので読む楽しみがあります。TOEICはあくまでもつくり話なので、正直内容から(教養などの面で)学べることはありません。

さて、そんな英検ですが、レアジョブでは中学・高校生コースを選ぶと英会話を活用しつつ、英検の面接対策ができます。英単語なども教材として使えますが、やはり面接対策のほうがおすすめです。

ふだんの英語学習から英検対策をやりつつ、レアジョブでは英会話を楽しむ。これが僕の思う究極の英語勉強法なのかなと思っています。

【5つの効果】レアジョブのレッスンを受けて実感した成果とは
オンライン英会話でレッスンを受けるまでは「本当に効果あるの?」と半信半疑でした。しかし、実際にレアジョブで英会話をやってみると、わずか1ヶ月程度で「英語が話せる感覚」を得られたので驚きを隠しきれず。もちろん、すぐにペラペラになれるわ...

わずか1ヶ月で「英語が話せた!」を実感する方法

僕はこれまで、いろいろなオンライン英会話を使ってきました。その中でもレアジョブは群を抜いて良かったです。

最大の特徴は「教材」と「講師」の質の良さにあります。英語レベルにもよりますが、だいたい1ヶ月間もあれば「英語が話せる感覚」を実感できるはず。

レアジョブは25分のレッスンを2回無料で受講できますので、まずはぜひ体感してみてください。

\ 2回分の無料体験レッスンから /

 

レアジョブ公式サイトはこちら

レアジョブ英会話
1レッスン25分〜
月額料金【日常英会話コース】
月8回  4,620円
毎日25分 6,380円
毎日50分 10,670円
毎日100分 17,600円

【ビジネス英会話コース】
毎日25分 10,780円

【中学・高校生コース】※年齢制限なし
毎日25分 10,780円

【あんしんパッケージ】※オプション
月額料金 + 1,078円
・日本人カウンセラーへの相談
・レッスンの自動予約が可能
教材数29
カランメソッド
英語資格対策英検
(中学・高校生コースのみ)
講師の国籍フィリピン
日本人講師
講師の勤務体制在宅/オフィス
講師の評価★5段階評価
レッスン予約
直前予約5分前まで
レッスン
可能時間
6:00~25:00
無料体験2回分
公式サイトレアジョブ英会話
オンライン英会話
English Baum / 英語学習ブログ
タイトルとURLをコピーしました