【再始動】久しぶりに英語の勉強をやるときは、最初にコレから手をつけよう

英語の勉強

「久しぶりに英語をやり直したい!けど、何から手をつければいいかわからない…」

この記事はそんな人の悩みに答える内容になっています。

僕自身、大学を卒業してから5年くらい経って英語をやり直した経験があります。

久しぶりに英語をやるのであればまずはコレから!という始め方をくわしく解説していきます。

  • 10秒でわかる!おすすめ英会話
  • ① 低価格・高品質な講師のレッスンを重視するなら → QQ English
  • ② 業界最大手。質の高い教材&講師を重視するなら → レアジョブ英会話
  • ③ 900社以上の導入実績!ビジネス英語に特化するなら → ビズメイツ
  • ※ すべて無料体験レッスンが受けられます

最初は英単語の強化から始めよう

スマホアプリ

結論からお伝えすると、久しぶりに英語をやり直すのであれば英単語(語彙力)の強化から始めましょう。

多くの人が英文法と英単語、どっちから始めるべきか?ということで悩みますが、僕の個人的な意見は完全に「英単語から」です。

理由はすごく単純で、英単語がわからないと内容がわからないから。もちろん、英文法もわからないと理解はできませんが、英単語さえ知っていればおおまかな内容は理解できますよね。

さらに、英文法の勉強を先にスタートすると「英文法の勉強中に、わからない英単語が出てきて調べなきゃいけない」という場面が必ず出てきます。

わからない英単語が出てくるたびに辞書を引くのは時間のロスですし、それだと結局、英文法の勉強をしているのか英単語を勉強しているのかわからなくなります。

つまり、英単語を先に覚えてしまえば、そのあとの英語学習がラク&効率的になるということです。

こうした理由から、僕は「もし久しぶりに英語学習を始めるのなら英単語から手をつけるべき」だと考えています。

【やり直し英語】英単語と英文法、どっちから勉強をスタートすべき?
英語の勉強は英単語と英文法、どっちから始めるべきでしょうか?僕の結論は「英単語からやるべき」です。理由をくわしく説明します。

英単語から始める最大の難点は「飽き」

ただし、英単語の勉強は「つまらなくて飽きやすい」という難点があります。どうしても暗記がメインになってしまうので、リスニングやリーディングに比べると学習が単調になりがちです。

せっかく久しぶりに英語学習を始めたのに、「英語ってこんなにツラかったっけ…?」と感じるのは避けたいですよね。そのためには、飽きにくい教材で英単語学習をやるのがおすすめ。

具体的には「1つの例文で2〜4つの英単語を効率的に覚えられる教材」を使うようにしましょう。

一般的には、見出し語1つに対して1つの例文が載っている英単語帳が主流ですが、これだと覚えるのに時間がかかります。例文の中に見出し語以外の単語がいっぱい載っているからです。

しかし、1つの例文で2〜4つの英単語を効率的に覚えられるタイプの英単語帳なら、1つの例文を覚えるだけで複数個の単語がまとめて覚えられます。

特におすすめなのが『DUO』という英単語帳です。あるいは『究極の英単語』でも良いと思います。

いずれの英単語帳も例文をとおして語彙力強化を図るので、飽きずに勉強が継続できます。

【最強の英単語帳】『DUO』の使い方はコレで決まり!効率的に英単語を覚える方法
英単語帳のベストセラー『DUO』をおすすめする理由と実際の評判をご紹介します。DUOの使い方を実践していただければ、1ヶ月程度で英単語力は劇的にアップするはずです。

久しぶりの勉強で最初に絶対やるべきこと

英語教材の選び方

英語を勉強するのは何年ぶりでしょうか?英語の限らず、そもそも勉強をするのは相当久しぶりという人もいると思います。

そういう人が最初にやるべきことは、英語学習の習慣化です。つまり、英語を勉強することを当たり前にしなければいけません。

「気が向いたらやる」「週に1回、休みの日にやる」という程度では足りません。英語学習は毎日やりましょう。

なぜかというと、英語力というのは筋肉と同じでスグに身につくものではないからです。コツコツ積み重ねなと、成果は得られません。

とはいえ、久しぶりに英語を勉強する人が1日1時間も2時間もやるのは無理があります。そもそも人間というのは変化を嫌う生き物なので、新しいことを始めようとすると身体が無意識に抵抗してきます。無理をすると習慣化はできません。

まずは小さな一歩から。1日5分でも1分でもいいので、何らかの英語教材に目を通してみましょう。もちろん英語のアプリでもOKです。

人が習慣を形成するまでは約21日間(3週間)かかると言われていますので、最低でもその期間は1日1分や5分などの最小限の勉強にとどめましょう。

1日1分や5分だと「物足りない…」と感じる瞬間もあると思います。でもそれでOK。その物足りない気持ちが、翌日の学習意欲につながってきます。

【習慣化】英語の勉強が超効率的になる!1日の学習スケジュールの組み立て方
英語の勉強を継続するには、1日の学習スケジュールをつくる必要があります。英語学習が習慣化しやすい予定の組み方を紹介します。

時間の経過で目標が変わることも

英語アプリとノート

また、英語学習を続けるには「目標」を立てることも大切です。

久しぶりに英語学習をするということは、以前とは環境がガラッと変わっていることもあるはず。仕事や学校などの変化によって「なんのために英語を勉強するか?」というのも変化すると思います。

以前までは特に英語をやる必要もなかった人が、転職、転勤、進学などで英語が必要になることがあります。久しぶりに英語を始めるということは、久しぶりに新しい目標を立てるチャンスでもあるわけです。

「心機一転、自分は何のために英語を勉強するのか?」というのをゆっくり考えてみましょう。

英語を学ぶ目的や目標があると、モチベーションが下がったときでも自分を奮い立たせることができます。反対に目的や目標がないと、やる気が低下したときに「別に英語なんてやらなくてもいいか…」という気持ちになり、簡単にあきらめてしまいます。

ですから、久しぶりの英語学習ではまず最初に目的や目標を立てることも忘れずに行いましょう。できれば目標を書いた紙を部屋に貼ったり、ノートや手帳の見やすいところに書いておくのがおすすめです。

「英語を読めるようになりたい」僕が目標を達成するためにやった英語勉強法
「英語を読めるようになりたい」という人におすすめの勉強法をご紹介。僕も英語を読めるようになるために試行錯誤してきましたので、その経験もお話します。

自分の「好きなこと」に英語で取り組もう

英会話

久しぶりの英語学習といはいえ、人によって持っている英語力にはバラツキがあると思います。本当に英語力0の状態からやり直す人、基礎的な英語力はある人、読み書きなどはスラスラできる人など。

英語力0の人は英単語&英文法の勉強を最優先にやるべきですが、基礎的な英語力(中学英語レベル)がある人は、自分の好きな教材を選んでもいいと思います。

自分の好きな教材というのは「興味があること」です。具体的には、海外ドラマ、洋画、洋雑誌・コミック、洋書、英文ニュースなど。

こうした題材で英語を学ぶと、自分の興味と合致するので飽きにくく、楽しく英語を勉強できます。

僕の場合、CNNニュースや洋書が好きなのですが、それらを教材にして英語を学び始めてから英語学習がますます好きになりました(もちろん基礎的な英語を勉強したあとです)。

教材選びというのは難しく、熟慮して買ったものが「全然合わなかった…」ということも多々あります(僕も数え切れないくらい失敗してきました…)。

本当に選ぶべきは【自分の好きなジャンルで、なおかつ英語レベルがまあまあやさしいもの】。これを選ぶと失敗が少ないと思います。

「好きなジャンル」と「英語レベルが合うもの」という2つの条件を満たすのは意外とむずかしいですが、教材選びには時間をたっぷりかけてもいいので、ぜひ「コレだ!」というものを見つけて欲しいと思います。

ちなみに、僕がこれまで勉強してきて「コレだ!」と強く惹きつけられた(実際にやり込んだ)教材の例は以下のとおり。

英語勉強法

僕のTOEICスコアが3ヶ月で100点UPした理由

  • 10秒でわかる!おすすめ英会話
  • ① 低価格・高品質な講師のレッスンを重視するなら → QQ English
  • ② 業界最大手。質の高い教材&講師を重視するなら → レアジョブ英会話
  • ③ 900社以上の導入実績!ビジネス英語に特化するなら → ビズメイツ
  • ※ すべて無料体験レッスンが受けられます

僕はQQ English というオンライン英会話を愛用しています。他のオンライン英会話より講師の質が良く、レッスンの満足度はめちゃくちゃ高いです。初心者の人にもすごくおすすめ。

おかげで、TOEICのスコアが3ヶ月で100点UPしました。もちろん、TOEICだけでなく日常英会話やビジネス英語にも効果抜群です。

QQ Englishは 2回分のレッスンが無料で受けられるので、ぜひその良さを体感してみてください。

\ 2回分の無料体験レッスンから /

 

QQ English 公式サイトはこちら

English Baum / 英語学習ブログ
タイトルとURLをコピーしました