何年勉強しても英語が話せない人に気づいて欲しい「5つの間違い」

何年勉強しても英語が話せない人に気づいて欲しい、5つの間違い

英語の習得には時間がかかると頭でわかっていても、何年も英語を勉強しているのに話せるようにならないと、メンタルが辛くなってくるものです。

今回は「何年も英語の勉強を続けているのに話せるようにならない」という人が陥りがちな間違いを紹介していきます。

  • 10秒でわかる!おすすめ英会話
  • ① 低価格・高品質な講師のレッスンを重視するなら → QQ English
  • ② 業界最大手。質の高い教材&講師を重視するなら → レアジョブ英会話
  • ③ 900社以上の導入実績!ビジネス英語に特化するなら → ビズメイツ
  • ※ すべて無料体験レッスンが受けられます
この記事を書いた人
あゆむ

1日3時間、毎日コツコツと英語の勉強してます。Versant 44。TOEIC450点→750点。目標は900点超え。2023年6月に英検1級受験予定。丨銀行員 → 書店員 → 出版社 → フリーランス → 法人化6年目。1人で会社をやってます。ブログの累計読者は400万人を突破。Twitter(@Book_Baum)で洋書多読や英語学習のコツを発信。

あゆむをフォローする

間違い① 文法ばかり勉強している

【判断材料】英文法がめちゃくちゃでも英会話をやっていい人の条件

1つ目の間違いは、英文法ばかり勉強しているということです。

英語が話せるようになるには、文法の知識が大切というのは間違いないのですが、文法の知識ばかりを詰め込んでいて、結局それをアウトプットしないでいるようでは当然英語を話せるようにはなりません。

多くの人が「英文法の知識を完全に身につけてから英会話をやろう」というマインドに陥りがちです。言い方を変えると「失敗が怖い」ということです。僕もその気持ちはよくわかります。

しかし、実際にやるべきことは、英文法の勉強しながら、並行して英語を話していくというサイクルです。

つまり、勉強したことを実際の英会話で試してみることで、使える英文法が身についていきます。反対に言うと、英会話などでアウトプットせずに英文法の勉強をしていても、ただ知識が増えるだけで使える英文法は身につきません。

何年も英文法の勉強だけを続けるのではなく、今日学んだことをその日のうちにアウトプットするぐらいの早いサイクルで回していくほうが、英語を話す力は早く身につきます。

「英会話に文法はいらない」は間違い。最短で英文法を身につける方法
「英会話に英文法はいらない」「文法がわからなくても意味は通じる」という考えがあります。 僕も以前までは、文法を勉強せずに英会話に突進していました。 いざ英会話をやってみると、なんとなく意味は伝わるけど、 自分の考えや意見が表現で...

間違い② 英単語ばかり勉強している

English for Beginners

2つ目の間違いは、英単語ばかりを勉強していることです。

英文法と同じように、英語を話す上で英単語の知識が必要なのは間違いありません。

しかし、英文法と同じ原理で、英単語の知識をちゃんと身につけてから英会話をやろうとしていると、知識としての語彙力が増えていくだけで、”使える語彙力”というのは身につきません。

また「英単語さえ覚えておけば、英文法の知識はいらない」という理屈で、英単語だけをひたすら勉強している人も少なくないと思います。

正直に申し上げると、英単語だけを覚えていても、まともな英会話はできません。

もちろん、単語だけを伝えてそれとなく相手に感情や思いを伝えることはできるかもしれません。しかし、単語だけを相手に伝えるというコミュニケーションは受け手に対して相当な負担をかけます。

当然ながら、具体的な話や深いコミュニケーションは取ることができないでしょう。

いずれにしても、英単語ばかり勉強していても、英語を話せるようにはなりません。

英単語も学んだことをすぐにアウトプットするというサイクルを回していくことが不可欠です。

【コレで解決】英語が上達しなくてツライ人に知ってほしい4つの処方箋
英語の勉強を続けていると、なかなか上達しない時期がやってきます。その停滞期を「プラトー期」と呼んだりしますが、英語が上達しない状態が続くのはツライですよね…。 僕も長年英語の勉強を続けていますが、英語力が伸びずに挫折しかけたことが何度...

間違い③ 英語を話す機会が少なすぎる

長年英語が話せない人が陥りがちな3つ目の間違いは、英語を話す機会が少なすぎるということです。

単語や英文法に限らず、とにかく座学をずっと続けている人は多いと思いますが、それだけでは何年経っても英語を話せるようにはなりません。

英語が話せるようになるには、当然ながら失敗を経験しないといけません。

誰もが「話せなかったらどうしよう」「相手の言ってることが聞き取れなかったらどうしよう」という不安に駆られるものです。そうした不安は、実際に味わって乗り越えていかないと克服することはできません。

僕の個人的な考えとしては、最低限の英文法と英単語(具体的には、中学レベルの英語力)が身についた段階で、すぐに英会話レッスンを始めるべきだと思っています。

何度も繰り返しますが、英語が話せるようになるには、勉強しながら英会話を並行して続けていく必要があります。

つまり、勉強した内容を実際に試してみて、それを自分の体で覚えていく、このサイクルが欠かせません。

英語が何年もは話せるようにならないという人は、こうしたアウトプットの機会が圧倒的に少ないのだと思います。

【これで実現】スタディサプリENGLISHで英語が話せるようになるための3ステップ
スタディサプリENGLISHを使いはじめて、あきらかに英語を聞く力・話す力が身についたと実感しています。スタディサプリENGLISHで英語の4技能がバランス良く伸びている感じです。

間違い④ 週1〜2回のレッスンで満足している

英語の勉強を毎日継続

4つ目の陥りがちな間違いはレッスンの回数が少ないということです。

英会話レッスンをやっているのに何年も英語が話せるようにならないという人は、レッスンの回数が単純に不足している可能性が高いです。

具体的には、週1〜2回のレッスンでは英語を話せるようにはなりません。

たとえば、会社員の人が土日だけレッスンを受けるというパターンは多いと思います。土曜日1回、日曜日1回という感じでレッスンを受けるということです。

一見すると、週2回でも十分なように思われますが、英語というのは毎日継続してアウトプットしないとなかなか定着しません。

英語がなかなか話せるようにならない人は、もう少しレッスン回数を増やすといいでしょう。最低でも25分のレッスンを1回、毎日受けるのが理想です。

仕事で時間が取れないという人も、自分の1日のスケジュールを見直してみるといいと思います。そうすると、たとえば朝時間の30分、あるいは帰宅後の30分など、意外なところでレッスン時間を確保できる可能性があります。

また、土日以外はレッスンが難しいという場合は、土日を完全に英語の時間に充てるというのも1つの方法です。

たとえば、土曜日と日曜日で1回ずつのレッスンではなく、土曜日に3回、
日曜日に3回という感じでレッスンを増やすことで、週6回のレッスンを確保できます。

もちろん、人それぞれ英語に使える時間は異なると思いますが、とにかくできるだけ毎日、こまめに英会話のレッスンを受けることが、 英語力上達には欠かせません。

【伸び悩む理由】英語は反復継続がすべて。繰り返しやらないと、英語力は伸びない
英語力が伸びない・伸び悩んでいる原因。それは1つの教材を反復して何度も繰り返しやってないからだと結論づけました。英語ができるようにならない人の参考になれば幸いです。

間違い⑤ 予習復習をしていない

英語が話せない人が陥りがちな5つ目の間違いは、英会話レッスンにおいて予習復習をしていないということです。

さきほど、英会話のレッスンはできるだけ毎日やるべきとお伝えしましたが、ただ漫然とやるだけでは効果が得られません。

なぜなら、英会話レッスンをぶっつけ本番で受けても、その場のノリでなんとかコミュニケーションが取れてしまうことが多いからです。また、オンライン英会話の講師というのはお金をもらっているので、英語が話せない生徒相手にも一生懸命頑張ってくれます。

そうではなく、レッスン前に今日はどんな英語を話すか?どんな教材でレッスンを行うのか?という予習が欠かせません。予習をして「今日はこういう英語を使えるようになろう」「この単語を使ってみよう」という感じで、あらかじめ目標を決めておきます。

それを実際にレッスンでやってみて、使えたかどうか、あるいは「ここができなかった」といったポイントを復習で振り返ります。

予習 → 本番 → 復習というサイクルを回すことで、今まで英語を話せなかった暗闇から抜け出すことができるはずです。

実際、僕もかつては特に予習や復習もしていませんでした。それではなかなか英語が話せるようにはなれなかったんですね。しかし、予習に1時間・復習に30分の時間を割き始めたところ、一気に英語力が伸びたのを実感しました。

「何年も英語が話せるようにならない。勉強しているのに全然ダメ」という人は、予習と復習のサイクルをしっかり回すことをおすすめします。

【受けっぱなしの是非】オンライン英会話は受けるだけで効果があるのか?
僕はオンライン英会話でレッスンを受けたあと、必ず復習をしています。 とはいえ、受けっぱなし(受けたあと復習しない)というのも1つの選択肢としてアリかなと思ったりもします。 というわけで今回は、オンライン英会話を受けっぱなしにする...

大切なことは、毎日コツコツと勉強していくこと

【コレで解決】英語が上達しなくてツライ人に知ってほしい4つの処方箋

何年も勉強しているのに、英語が話せるようにならないという人は、もしかしたら断続的に勉強しているかもしれません。 1日やって休んで。また1日やって休んでという感じで。

5分や10分でもいいので、毎日必ず英語に触れる時間を作りましょう。

英語力というのは筋力と同じです。少し筋トレをサボっただけで筋肉というのは鈍ってしまいます。1日10回でもいいので毎日腕立て伏せをやりましょう。それと同じ感覚で、英語の勉強も毎日コツコツと続けていくことが大切で。

たとえ、英会話のレッスンができなかったとしても、音読を5分だけやってみる。シャドーイングをちょっとだけやってみる。といった具合に、英語を触れる時間を作っていくことが欠かせません。

また、英会話レッスンで使う教材についても、自分の英語レベルや目的に合ったものを選ぶ必要があります。これを怠ると、英語がなかなか話せるようにはなりません。

オンライン英会話を活用すれば、 自分に合った教材をゆっくり選ぶことができますし、講師も自由に選ぶことができます。

自分のアウトプット量が足りないと自覚がある人は、まずオンライン英会話から始めてみるのがいいかもしれません。ちなみに、おすすめはQQ Englishです。

僕が30日間で英語を話せるようになった理由

QQ Englishの指名予約

  • 10秒でわかる!おすすめ英会話
  • ① 低価格・高品質な講師のレッスンを重視するなら → QQ English
  • ② 業界最大手。質の高い教材&講師を重視するなら → レアジョブ英会話
  • ③ 900社以上の導入実績!ビジネス英語に特化するなら → ビズメイツ
  • ※ すべて無料体験レッスンが受けられます

僕は以前まで英語が超苦手で、外国人を前にすると頭が真っ白になってしまうレベルでした。

しかし、QQ English でオンライン英会話を始めてから激変。教えるのが上手な講師&わかりやすい教材のおかげで、30日後には緊張もなく英語が話せるようになりました。正直、最初は「自分に英語なんて話せるわけない…」と思っていたので、良い意味で裏切られました(笑)

ちなみに、TOEICのスコアは3ヶ月で100点UPしました。もちろん、TOEICだけでなく日常英会話やビジネス英語にも効果抜群です。

QQ Englishは 2回分のレッスンが無料。最短5分ですぐにレッスンが開始できます。

\ 2回分無料!! 日本人のサポート付き/

 

QQ English 公式サイトはこちら

英語勉強法
English Baum / 英語学習ブログ
タイトルとURLをコピーしました