【効果あり】英語は聞くだけでも十分!僕が実際にやってるリスニング勉強法

聞くだけリスニング勉強法

英語のリスニング力を伸ばすには、とにかく音声を聞くことが大切です。

僕は日常生活の中で英語を流しっぱなしにして音声を聞いている時間が非常に長く、それが英語リスニング力の向上につながっていると思っています。いわゆる「聞き流し」というやつです。

というわけで今回は「英語を聞くだけのリスニング勉強法」について具体的なやり方を紹介していきます。

この記事を書いた人
あゆむ

1日3時間、毎日コツコツと英語の勉強してます。Versant 44。TOEIC450点→750点。目標は900点超え。2023年6月に英検1級受験予定。丨銀行員 → 書店員 → 出版社 → フリーランス → 法人化6年目。1人で会社をやってます。ブログの累計読者は400万人を突破。Twitter(@Book_Baum)で洋書多読や英語学習のコツを発信。

あゆむをフォローする

英語聞き流しの効果は賛否両論

英語の勉強

最初に結論からお伝えすると、英語を聞き流すことで得られる効果は賛否両論です。

反対派は「意識が向いてない状況で英語を聞いても意味がない」といいます。たしかに一理ありますよね。

ただ、僕はどちらかというと賛成派です。聞き流しとはいっても、たまに意識が向いた瞬間に英語が聞き取れればそれで”ながら聞きとしては”十分だからです。

僕が英語の音声を流しっぱなしにして勉強をすることになったのは、1冊の本がキッカケでした。NHKの英語講座で講師を担当している伊藤サムさんの著書『英語はやさしく、かんたん』という本です。

有名な新聞広告で「私は英語のために勉強はしない。ただ聞き流すだけ」といったコピーを流しているものがあります。エスプリライン社の「スピードラーニング」です。あれは必ずしも過大広告とは限らず、これまで英語にあまり接することがなかった人たちが、「聞き流すだけでよい」という気楽さから、生まれて初めて、やさしい英語を繰り返し聞く経験をしたということではないかと私は考えています。

「スピードラーニング」に懐疑的な意見を持つ人は多いと思いますし、僕も「聞き流すだけなんて意味ないでしょ」と思っていました。ただ、気軽に始められる1つのキッカケとしてはたしかに優れていますよね。

ながらで聞いているだけの勉強は、真剣に机に向かってやる勉強ほどの効果はありません。しかし少しの効果でも、毎日の積み重ねは、知らないうちにすごい量になります。

僕も英語の聞き流しには目に見えるほどの大きな効果はないと思っていて、聞き流しの利点は「気軽にコツコツ続けられること」だと思っています。

たとえば読書をしながら英語音声を聞き流したとします。メインはあくまでも読書なので、英語音声のほうは完全にBGMになるはずです。ほとんど意識は音声に向かないでしょう。

でもそれで良いと思っています。読書をしていても、たまに意識が音声に向く瞬間があって、そのときにちょっとだけ英語を聞ければOK。それくらいユルい効果で十分です。というより、「ながら聞き」に過度な期待をしてはいけません。

大切なのは「聞き流しだけで満足しないこと」。当然、他の勉強をしないと英語力は伸びません。

たとえば1日の英語学習時間が60分あるとします。そのなかで聞き流しを50分やって、それ以外は10分程度で終わらせるような主従関係の逆転が起きてしまっては英語力のUPは望めません。

聞き流しを主役に持ってくるのはNGです。あくまでもメインは問題集を解いたり、音読やシャドーイングなどの勉強法です。聞き流しには、脇役としての働きに期待しましょう。

英語リスニングが超上達。社会人におすすめの参考書&問題集【7選】
英語のリスニングを伸ばすには「この1冊をやれば、絶対に上達する!」という、信頼できる参考書を選ぶことが不可欠です。 どの本が信頼できるかどうかは、結局のところ「人による」ので、目的や好みにあわせて選ぶしかありません。 今回は、僕...

散歩をしながら英語の聞き流し

【歩きながら英語学習】ウォーキング中に聞き流しする方法&おすすめアプリ

僕は在宅ワークなので、どうしても運動不足になりがちです。そのため、毎日必ず1時間の散歩をスケジュールに組み込んでいます。

散歩中にはイヤホンで英語の音声を流し、歩きながらリスニングの勉強をしています。ちなみにイヤホンはBOSEのBose QuietComfort Earbudsを使ってまして、ノイズキャンセリングが秀逸です。

たまに自分の好きな音楽を聴いて散歩したい衝動に駆られますが(笑)、そこはグッとこらえて英語音声を流しています。

もちろん、1時間の散歩中ずっとリスニング音声だけに集中しているわけではありません。散歩しながら「あ、ここに新しい家建ったんだ」とか「新しくコンビニが出店してる!」みたいな感じでふつうに散歩も楽しんでいます。

だから、1時間の散歩においてトータルで英語リスニングをしているのはせいぜい30分間くらいです。でも、僕はそれでも良いと思っています。日中、他のタイミングで30分間のリスニング学習を確保するのはなかなか大変なので。

こんな感じで、自分の好きな散歩と英語学習を組み合わせることによって、良い気分でリスニング力の向上を図ることができています。

あるいは散歩だけではなく、筋トレやランニング中に英語を聞き流すのもアリですね。

また、散歩や筋トレだけでなく、部屋のなかにおけるスキマ時間においても聞き流しは生きてきます。さきほども紹介した『英語はやさしく、かんたん』には以下のように書かれています。

「CDはかけっぱなし」は、日常の細切れの時間(台所で皿を洗っているときなど)の有効利用に適しています。BGM気分で、お気に入りの英語CDをかけることで、英語に接する時間を増やすものです。「机に向かって勉強するのは苦手」「私は三日坊主で長続きしない」「努力するのはイヤ」「寝転んで聞いているだけで少しでも英語力がつくと言うならば、やってみてもよい」といった方に、特に適していると思います。

「英語の勉強をやるのは腰が重いけど、手軽に始められるなら…」という人も多いはず。この本は刊行年が古いのでCDをかけるやり方ですが、今はスマホがあれば好きな場所で好きなだけ音声が聞けます。

たとえば英単語の例文を流しっぱなしにすれば、語彙力UPにもつながります。自分の好きな洋楽を聴くのでも十分意味はあります。

自分の好きな音声を使えば、英語のリスニング学習が少しだけ楽しくなるので、英語学習が長続きします。

【歩きながら英語学習】ウォーキング中に聞き流しする方法&おすすめアプリ
英語アプリや音声CDを活用すれば、歩きながら英語の音声を聞き流すことができます。僕も散歩しながらリスニング学習をすることも多いので、今回はウォーキング中にオススメの英語アプリ&教材を紹介します。

洋楽は「英単語を拾って楽しむ」のがおすすめ

英語学習でイヤホンを使うべき場面

効果は薄いですが、キッカケとして洋楽を積極的に聴いてみるのもいいと思います。

僕の場合、洋楽は歌詞の内容を英語で理解するというよりも、単語を拾って覚えるのに活用してます。

そもそも洋楽の歌詞というのは文法が不完全なものがほとんどです。邦楽でも、文法がおかしい日本語の歌詞がたくさんありますよね。それと同じです。

だから、洋楽は内容の理解よりも、単語だけを拾って覚えるのがおすすめ。

洋楽を聴いていると、曲のタイトルで使われている英単語や「やたらこの英単語だけ印象に残るな…」というものがありますよね。そういう英単語が、後々の英語学習で意外と生きてきたりします。「あの曲に出てきた単語だ…!」という経験は、なかなか嬉しく楽しいものです。

余談なので読み飛ばしてもらってOKなのですが、僕は Lady GaGa の「Judas」という曲が好きで、一時期ずっとリピート再生していました。Aメロで以下のような歌詞が出てきます。

When he calls to me, I am ready
I’ll wash his feet with my hair if he needs
Forgive him when his tongue lies through his brain
Even after three times he betrays me

特に耳に残るのが betray(裏切る)という、やや難しめの英単語です。

いまでは他の英語教材や洋書などでこの単語を見かけると「お、あの betray ね」という感じで、すっかり慣れて覚えてしまいました。

こんな感じで、好きな曲を聴くときは印象に残った英単語を意識的に拾って語彙力の向上を図るのがおすすめ。好きな曲なら楽しく覚えられるはずです。

お風呂の防水スピーカーで聞き流し

お風呂の防水スピーカーで聞き流し

細切れ時間に聞き流しをするということであれば、お風呂の時間も有効活用したいところ。

お風呂の時間は個人差があると思いますが、僕は30分くらいかかります。その30分間を何もせずに過ごすのはもったいないですよね。シャワーを浴びたり湯船に入っているときは、ボーッとしているだけということも多いので(それが良かったりもするのですが)。

特におすすめなのが、シャワーや入浴中に防水スピーカーを使って英語音声を流しっぱなしにすることです。

僕はお風呂に防水のBluetoothスピーカーを置いて、スマホと連携させて英語音声を流しっぱなしにしています(使っているのはJBLの防水Bluetoothスピーカーです)。

最近はもっぱら、英検1級の英単語帳を流しっぱなしにしています。日中の英語学習時間に勉強した内容を、お風呂に入りながら復習するという感じです。

「英語の勉強をやる気がしないな…」というときでも、お風呂で流しっぱなしにするぐらいなら頑張れるので、そういう日はそれで良しとしています。

英語の勉強がダルい…。やる気が起きないときの6つの解決策
英語の勉強を続けていると、やる気が起きない日が来るものです。 僕もその1人でして、さっきまでやる気満々だったのに、急に「英語の勉強がダルすぎる…」という感じでトーンダウンすることがあります。 たまにサボるくらいはいいですが、面倒...

英語の聞き流しにはどの教材を使うべき?

スマホで勉強

英語の聞き流しに向いている教材や音声を選ぶときは【自分の英語レベル】と【英語を学ぶ目的】の2つを満たしている必要があります。

聞き流しというのは、自分が理解できる英語でおこなうべきです。自分の英語レベルよりも難しい教材では内容が理解できないのでまったく意味がありません。

また、英語を学ぶ目的に合わせた教材を使わないと、時間帯効果が薄くなってしまい、なかなか英語が上達しません。

今回は、英語初心者に向けて、シチュエーション別でおすすめの聞き流し教材を紹介していきます。ちなみに、ここでは便宜的に”聞き流し教材”と言っているだけですのでご留意ください。

英会話を身につけたい人におすすめ

日常英会話を極める。おすすめの教材と使い方

英会話を身につけるには、言いたいことを言うための英語表現を身につけ、それを聴き取る力も必要になります。そういった意味で、総合的な英語を学ぶ必要があるでしょう。

英会話を身につけたい人におすすめの教材は以下の2つです。

スタディサプリENGLISHは、アプリで英語の4技能をバランスよく学べます。オートリスニング機能に対応しているので、聞き流しにもぴったりです。ふだんの勉強は画面を使ってやりつつ、オートリスニングで「ながら聞き」もできます。

『英会話ペラペラビジネス100』はビジネス英会話向けの英語フレーズ集ですが、シチュエーション別の会話も収録されているので、実際の場面をイメージしながら聴くのに最適です。

英語を話すことに特化したい人におすすめ

英会話は話す・聴くの両方を鍛える必要がありますが、人によっては「英語を話す力が不足しているから、集中的に鍛えたい」という場合があると思います。

そういう人には、瞬間英作文がおすすめです。瞬間英作文というのは、日本語を見て、瞬時に英語を作るトレーニングになります。

瞬間英作文という言葉自体は『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』という本が発祥です。この本は以下のように左ページに日本語、右ページに英語が書かれています。

瞬間英作文

瞬間英作文は、基本的に書籍やアプリなどを使って学習していくのですが、慣れてきたら音声だけでチャレンジすると非常に英語力が伸びます。

多くの教材では【日本語音声 → ポーズ → 英語音声】という形式で音声が収録されているため、その音声を使えば、本やアプリを見ずに音だけで勉強ができます。

日本語から英語を作るスピードが上がれば、英会話のやり取りも非常にラクになります。

瞬間英作文についてはいろんな本やアプリが出ていますが、僕のイチオシは『NOBU式トレーニング 話すための中学英語』という本です。

【瞬間英作文におすすめ】解説がわかりやすい!飽きずに英語を続けられる本『NOBU式トレーニング』
瞬間英作文におすすめの本『NOBU式トレーニング』。実際に使った感想をレビューします。レイアウトも見やすく、解説も豊富なので、この本なら挫折なく英語学習ができると思います。

英単語を強化したい人におすすめ

【最強の英単語帳】『DUO』の使い方はコレで決まり!効率的に英単語を覚える方法

DUOは特におすすめの英単語帳

英単語は、聞き流しに1番ハマると個人的に思っています。なぜなら、断片的に聴くだけでも内容が理解できるからです。

英語の長文の音声を聞き流ししようとすると、最初から最後まで集中して聞かないといけないですよね。「ゆるく聞き流す」という聞き流し学習とは、相性が良くないんです。

英単語であれば、見出し語と例文がどんどん流れていくので、途中で聞き逃しても特に問題ありません。

さて、数多ある英単語教材のなかで、僕が特におすすめしたいのは『DUO 3.0』という単語帳です。

この単語帳は、1つの例文に見出し語が2〜5個含まれているため、効率的に語彙力UPを図れます。僕の英語力の基礎を築いてくれた本です。

気になる方は、以下の記事で熱くレビューしていますので参考にしてください。

【最強の英単語帳】『DUO』の使い方はコレで決まり!効率的に英単語を覚える方法
英単語帳のベストセラー『DUO』をおすすめする理由と実際の評判をご紹介します。DUOの使い方を実践していただければ、1ヶ月程度で英単語力は劇的にアップするはずです。

僕がいま使ってる教材

英語学習

ちなみに、僕がいま英語の聞き流しに使っている教材は「市販教材の音声CD(あるいはダウンロード)」と「スタディサプリENGLISH」の2つです。

まず市販教材の音声ですが、特に使うことが多いのは英単語帳と英作文の音声です。

ふだん、本を使って英単語を覚えているので、あらかじめ目を通した英単語は音声だけでも聴くようにしています。

また、瞬間英作文ドラゴンイングリッシュなどの【日本語→英語に変換する教材】は、音声を聞きながら英作文するのに役立ちます。僕は瞬間英作文をひととおりやり終えたので、少し難しいドラゴンイングリッシュに挑戦してます。

そして、本命はスタディサプリENGLISHです。スマホなので飽きずに続けられるし、外出時の英語学習にもスタディサプリENGLISHが大活躍。電車の移動中や、待ち合わせで人を待つ5分間だけとかでも、サッとスマホを取り出して勉強できます。

愛用中のスタサプENGLISH。「オートリスニング」の効果的な使い方を教えます!
スタディサプリENGLISHのオートリスニングを愛用中です。使い方と僕がリスニング学習の効果を高めるために意識しているポイントを解説します。

オートリスニングのおかげで、日常的に流しっぱなしで英語を聴くことができるので重宝しています。

電車移動の車内で聴くこともありますし、在宅ワーク中にBGM代わりに流しっぱなしにすることも多いです。

スタディサプリENGLISHは3つのコースに分かれていて、すべて無料でお試しができます。ぜひ使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました