【歩きながら英語学習】ウォーキング中に聞き流しする方法&おすすめアプリ

【歩きながら英語学習】ウォーキング中に聞き流しする方法&おすすめアプリ

ウォーキングで運動しながら英語の勉強ができたら効率的ですよね。

英語アプリや音声CDを活用すれば、歩きながら英語の音声を聞き流すことができます。

僕も散歩しながらリスニング学習をすることも多いので、今回はウォーキング中にオススメの英語アプリ&教材を紹介します。

最初に結論からお伝えすると、僕が最も愛用している英語アプリは スタディサプリENGLISH 新日常英会話です。

この記事を書いた人
あゆむ

1日3時間、毎日コツコツと英語の勉強してます。Versant 44。TOEIC450点→750点。目標は900点超え。2023年6月に英検1級受験予定。丨銀行員 → 書店員 → 出版社 → フリーランス → 法人化6年目。1人で会社をやってます。ブログの累計読者は400万人を突破。Twitter(@Book_Baum)で洋書多読や英語学習のコツを発信。

あゆむをフォローする

スタディサプリENGLISHで聞き流し

歩きながらスタディサプリENGLISH

最初におすすめしたいのはスタディサプリENGLISHという英語アプリです。僕が一番よく使っていて、特に効果を実感したアプリでもあります。

日常英会話、TOEIC対策、ビジネス英会話と3つのコース(アプリ)に分かれており、目的に合わせて英語学習ができます。

ドラマ仕立てのストーリーで英語を学べるので、飽きずに楽しく英語の勉強ができるのが特徴です。

また、他のアプリと大きく違うのは、シャドーイング(音声に少し遅れて発音する)やディクテーション(音声を聞いて書き取る)といったトレーニングを採用しているところです。

スタディサプリENGLISHの新日常英会話コースには【オートリスニング機能】が付いており、音声だけを再生することができます。つまり散歩やウォーキング中でも、聞き流しながら勉強ができるということです。

愛用中のスタサプENGLISH。「オートリスニング」の効果的な使い方を教えます!
スタディサプリENGLISHのオートリスニングを愛用中です。使い方と僕がリスニング学習の効果を高めるために意識しているポイントを解説します。

あらかじめ音声をダウンロードしておく必要がありますが、オートリスニング機能を使えばスマホをポケットに入れたまま英語の勉強ができるので効率的です。

パソコン版はオートリスニング機能に非対応なので要注意ですが、ウォーキング中はスマホを持ち歩くだけなのでとっても手軽です。

僕は自宅でスタディサプリENGLISHをやる時はパソコンを使い、ウォーキング中や電車での移動中はスマホでオートリスニング機能を活用して勉強しています。

場所を選ばずに最適な英語学習ができるのもスタディサプリENGLISHの良いところです。

さきほど説明したとおり、3つのコースに分かれていますが、「新日常英会話」と「ビジネス英語」の2つがオートリスニングに対応しています。

散歩しながら瞬間英作文をする

瞬間英作文アプリ

散歩中は iPhone、家では iPad でやってます

英語の教材は世の中にたくさんありますが、その中でも特に有名で人気が高く、なおかつ効果を実感できるのが『瞬間英作文』です。

僕も瞬間英作文を何度も読み、何度も口を動かして発音してきました。この本を使うと、英会話の時に言いたいことが口をついて出てくるのを実感できます。

そんな瞬間英作文には音声CDが付いており、これを活用するとウォーキング中にも耳を使って瞬間英作文を行うことができます。

そもそも瞬間英作文というのは、日本語の文を見て瞬時に英語の文を作るシンプルなトレーニングです。

本は以下のように左ページに日本語、右ページに英語というレイアウトになっています。

瞬間英作文

瞬間英作文2

音声CDは【日本語→ポーズ→英語】という順番で収録されているので、日本語を聞いた後にすぐ英語で文を作るというトレーニングができます。

僕は瞬間英作文の音声CDを使ってウォーキング中にも英作文しますし、防水スピーカーを持ち込んでシャワーを浴びながら英作文することもあります。

ただし、いきなり音声だけを聞いて英文を作るのは難しいと思うので、最初のうちは本を読みながら一通り目視で英作文をしておいたほうがいいと思います。

ちなみに瞬間英作文にはアプリ版もあります。アプリには自動再生機能が付いているので、音声を流しっぱなしにして散歩するのもおすすめです。

本当に課金して良かった、おすすめの英語アプリ5選【正直にレビュー】
今回は僕がこれまで課金してきた英語アプリのなかで「本当に買って良かった」と思えるおすすめアプリを、ランキングで紹介していきます。

TOEIC対策もウォーキング中にできる

英語

忙しい社会人にとって「いかに効率的にTOEIC対策をするか」は重要なテーマだと思います。

歩きながらTOEICの勉強ができれば、通勤中はもちろん、営業で外回りする時にもTOEIC対策が可能です。

TOEIC対策において、超有名&鉄板の教材があります。それが『金のフレーズ』(通称、金フレ)という書籍です。

その名の通り、TOEICによく出題されるフレーズを集めたもので、これが非常によくできています。

「フレーズ」という名のとおり、単なる英単語ではなく、単語+単語が組み合わさったフレーズを覚える単語帳です。

たとえば、 accept an offer(オファーを受け入れる) や a connecting flight(乗り継ぎ便)といったフレーズが出てきます。TOEICでそのまま出てくるようなフレーズばかりなので、試験対策として申し分ありません。

そんな金のフレーズにはアプリ版もあって、僕はこれをかなり使い倒しているのですが、おかげでTOEICのボキャブラリーが格段に増えました。

ふつうに画面を見ながら勉強するのも良いですが、オートリスニング機能が付いているのでウォーキング中にもバッチリ勉強できます。

さらに、このアプリがすごいのは、再生する音声の順番やスピードを自分でカスタマイズできるところです。

基本的には【単語 → 日本語フレーズ → 英語フレーズ】という順番がデフォルトになっているのですが、順番を自由に組み変えることができたり、表示回数や秒数も調整できます。

またフレーズごとの再生間隔も設定できるので、自分のペースでリスニングが出来るのも嬉しいところです。

英単語やフレーズは漫然と繰り返すよりも、自分の苦手なものを集中的にやったほうが効果的。そういった意味で、細かいカスタマイズができると助かります。

金フレのアプリは内容もさることながら、使い勝手も非常に良いので、ウォーキング中にTOEICの勉強をしたいと言う人には非常にオススメです。

【両方使ってみた】『金のフレーズ』はアプリ or 書籍のどっちがおすすめ?
TOEIC語彙対策の超定番「金のフレーズ」は、書籍だけでなくアプリもあります。書籍とアプリどっちがいいのか?両方使っているので、正直な感想をレビューします。

英語の長文を聞きながらシャドーイング

『速読速聴・英単語 Core 1900』を使った効果的な英語勉強法【音読&シャドーイング】

僕は英語学習の中心に音読とシャドーイングを据えているのですが、そのときに使うのは英語の長文が書かれた本です。

特に愛用しているのは『速読速聴・英単語 Core1900』という本。「文脈の中で単語を覚える」というコンセプトの本で、政治経済・文化・科学などのニュース記事が掲載されているので読んでいて純粋に楽しいです。

さらに音声CDが付いているので、テキストを見ながら音読した後は、音声だけを聞いてシャドーイングもしています。

机に座ってシャドーイングすることもありますが、気分転換に散歩に出かけ、歩きながら音声を聞いてシャドーイングしたりもします。

あと、部屋でデスクに座りっぱなしだと健康に良くないので、部屋の中をウロウロしながらリスニングすることも多々あります。

歩きながらシャドーイングするときには、耳だけでなく口を使って英語を勉強するのがポイントです。

リスニングだけだとインプット学習に過ぎませんが、実際に口を動かして発音することでアウトプットすることが可能です。

ちなみにシャドーイングは口パクでも十分な効果があると言われています。散歩中、周りに人がいて声を出すのがためらわれるときは、口パクでもOKです。

ここでは『Core1900』を紹介しましたが、他にも『文で覚える単熟語』(文単)もおすすめです。

文単は英検対策に使う単語帳ではありますが、英文の質も高く、読んでいて楽しいので愛用してます。

『速読速聴・英単語 Core 1900』を使った効果的な英語勉強法【音読&シャドーイング】
『速読速聴・英単語 Core 1900』はおすすめの英語教材です。「速読速聴・英単語」をレビューしつつ、本書を使った効果的な英語勉強法について解説します。使い方を知ると、より効果が得られます。
【文単の使い方&勉強法】『文で覚える単熟語』は音読学習にピッタリの教材だった
英語の音読学習に使える教材は数が少ないですが、僕は『文で覚える単熟語』を強くおすすめします。内容のおもしろさと挫折しにくい本のつくりが、英語の音読学習効率をアップさせてくれるからです。

ウォーキング中におすすめの教材&アプリ

  • ・スタディサプリENGLISH
  • ・瞬間英作文
  • ・金のフレーズ
  • ・Core1900
  • ・文で覚える単熟語

歩きながら、音声だけで英会話レッスン

ウォーキング中にオンライン英会話レッスンを受けるというのも1つの方法です。

画面を見ながら歩くのは危険なので非推奨ですが、オンライン英会話は音声だけでやり取りすることも可能です(実際、僕も音声だけでオンライン英会話をやったことがあります)。

散歩中、目に入ったお店や建物などの風景をトークのネタにできるので、意外と盛り上がるのではないかと思います。

また、カメラをPOV視点で映しながら、街を紹介するというのもおすすめ(ネックマウントなどを使うと簡単にできます)。

観光案内のように日本の街並みを見せると喜ぶ講師も多いので、お互いにとってWin-Winです。自分自身の英語での説明力もUPします。

一部のオンライン英会話では音声のみ(カメラOFF)でレッスンすることができるので、歩きながら英会話をすることも可能です。

視覚的な情報がない分、リスニングをより鍛えることができます。

僕が30日間で英語を話せるようになった理由

QQ Englishの指名予約

  • 10秒でわかる!おすすめ英会話
  • ① 低価格・高品質な講師のレッスンを重視するなら → QQ English
  • ② 業界最大手。質の高い教材&講師を重視するなら → レアジョブ英会話
  • ③ 900社以上の導入実績!ビジネス英語に特化するなら → ビズメイツ
  • ※ すべて無料体験レッスンが受けられます

僕は以前まで英語が超苦手で、外国人を前にすると頭が真っ白になってしまうレベルでした。

しかし、QQ English でオンライン英会話を始めてから激変。教えるのが上手な講師&わかりやすい教材のおかげで、30日後には緊張もなく英語が話せるようになりました。正直、最初は「自分に英語なんて話せるわけない…」と思っていたので、良い意味で裏切られました(笑)

ちなみに、TOEICのスコアは3ヶ月で100点UPしました。もちろん、TOEICだけでなく日常英会話やビジネス英語にも効果抜群です。

QQ Englishは 2回分のレッスンが無料。最短5分ですぐにレッスンが開始できます。

\ 2回分無料!! 日本人のサポート付き/

 

QQ English 公式サイトはこちら

おすすめ英語教材
English Baum / 英語学習ブログ
タイトルとURLをコピーしました