【必要性はどこに?】TOEICには良い所・悪い所あるけど、僕は定期的に受験してます

TOEICには良い所・悪い所あるけど、僕は定期的に受験してます

TOEICの必要性については賛否両論あると思います。僕は「どちらかといえば賛成派」でして、定期的に受験しています。

たしかにTOEICにはデメリットもあるけど、英語学習を継続するうえでは役に立つことも多いのかなと。

というわけで今回は、TOEICの必要性はどこにあるのか?良いところ・悪いところについて考えていきたいと思います。

  • 10秒でわかる!スタサプENGLISH
  • ① 速攻で日常会話や旅行会話を覚えたいなら → 新日常英会話コース
  • ② スグに仕事の現場で使える英語を身につけるなら → ビジネス英語コース
  • ③ 最短でTOEICのスコアをアップをしたいなら → TOEIC対策コース
  • ※ すべて7日間の無料体験ができます

一般的なメリットは、スコアによる恩恵

英語学習

TOEICを受ける大半の人は、スコアが目的のはず。仕事の昇進・昇進や転職では、TOEICスコアが有利にはたらくことが多々ありますよね。大学生の場合は、TOEICのスコアによって英語の成績が決まる場合もあります(僕はそうでした)。

TOEICスコアは簡単には伸びないのですが「スコアを取るだけでわかりやすい恩恵が受けられる」というのはメリットだと思います。

特に「待遇UP、収入UP」という美味しいエサがはっきりと提供されている場合、TOEICへのモチベーションは高まりますし、目標も「スコアを取ればいい」というわかりやすさがあります。

仕事で成果を出すのって意外とむずかしかったりしますよね。仕事の評価って売り上げだけじゃなくて、人柄や社交性(上司に気に入られる人間性)も重要だったりするので。

ただ、人柄や社交性って簡単に身につくものじゃないし、生まれ持った才能みたいなものが大きなウェイトを占めると思います。

でも、TOEICなら極論「スコアを取るだけでいい」わけです。そういった意味では、対人スキルが苦手な人にとってはより必要性の高い、美味しい試験なのかなと思ったりします。

ちょっと悲観的な考え方に思われるかもしれませんが「人間性で勝てないなら、せめてTOEICで…」という意識を持つのも決して悪くないのかなと。これも「立派なキャリア戦略」と考えることもできます。

英語上達の目安としてTOEICを活用

英語学習

TOEICを英語上達の目安として活用する人も多いと思います。僕もその一人です。

TOEICは日本における語学試験の中では知名度もダントツで高いので、1番都合が良い資格だと思います。

ちゃんと点数で成績がわかるのもいいし、その点数は仕事や転職でも活かせます。「せっかくスコアをとっても、何の役にも立たない」という語学試験より明らかにモチベーションになりますよね。

実際、仕事を辞めたりクビになったりした人が、「TOEIC900点以上を取って新しいキャリアをスタートさせて昇給した」という話はよく見聞きします。

語学関連の求人情報を見てもらうとわかりますが、たいていの会社が「TOEICスコア◯◯◯点以上が望ましい」という感じで要件を掲載しているんですよね。英検を応募要件にしている会社はかなり少数派だと思います。

また、TOEICはほぼ毎月受験できるので、力試しができる機会が多いというのも嬉しいポイント。「試験でミスして悔しいから、すぐにでも受けたい!」という人にとってはありがたいところ。

「力試しをしたい」「上達を実感したい」「いまは英語を関係ない仕事してるけど、いつかは…」という人にとって、TOEICは必要性のある試験だと僕は思います。

英検よりもTOEICのほうが教材が豊富

英語を勉強するうえで、自分に合う教材があるかどうかは非常に重要です。その点、TOEICは教材が豊富なので選択肢がたくさんあります。つまり、自分に合う教材を見つけやすいということです。

英検よりもTOEICのほうがビジネスパーソンの受験者が多いせいもあって、教材が豊富です。

英検は旺文社の1強という感じですが、TOEICについてはいろんな出版社が出しているので、バラエティに富んでいます。

教材をつくる出版社や企業も、「TOEIC対策向けに作ったほうが儲かるから…」という理由があるのかもしれませんが。

また、英語アプリについても同じことがいえます。英検とTOEICを比較したとき、圧倒的にTOEIC対策アプリのほうが多いです。

スタディサプリENGLISHは3つのコースに分かれていますが、ちゃんとTOEIC対策に特化したコースが用意されています(英検対策コースがないのは少しさびしい)。

1ヶ月使ってわかった「スタディサプリ英語 TOEIC対策コース」の良い点&悪い点を正直にレビュー
スタディサプリTOEIC対策コースのアプリを使い始めて1ヶ月が経ちましたので、良いところ&悪いところを正直にレビューしたいと思います。

最大の欠点は「勉強がつまらないこと」

結局、英語学習は繰り返しに尽きる。

僕が思うTOEICの最大の欠点は「勉強してても楽しくない」ということです。

「そもそも英語の勉強なんて楽しいものじゃない」という意見もありそうですが、英語の勉強は教材を工夫すれば意外と楽しめます。さらにいうと、英検の勉強はけっこう楽しいです。

たとえばニュース英語。これだと、英語を学びながら教養を身につけることができるので、やってて楽しいんですよね。なんというか、知識欲が満たされる感じが大いにあるので。

しかし、TOEICは「ビジネスでよくありそうなシチュエーション」を問題にしているので、あくまでもフィクションです。架空の会社の架空の人物が出てくるだけなので、面白みは一切ありません。

TOEICという試験はそもそもビジネスで使える英語を身につけることを目的としているので仕方ないのですが、それにしても勉強(教材)の面白みに欠けます。

「TOEICスコアがすぐに必要なわけではない」という人はTOEICではなく、英検の勉強をしたほうが楽しめると思います。あるいは、市販の教材で音読やシャドーイングをするのがおすすめです。

英語の勉強法は「音読トレーニング」と「英作文」の2つに絞る【おすすめの英語学習法】
効果の出る英語の勉強法としておすすめなのが「音読トレーニング」と「瞬間英作文」の2つに絞るというやり方。音読と英作文で「話す・聞く」を鍛えれば、英語は喋れるようになります。

受験料は高いけど、昇給が見込めるなら…

社会人の英語学習

TOEICでもう一つマイナスを挙げるのであれば、受験料の高さがあります。これについては他の語学試験(英検やTOEFL)も高いので、TOEICだけが悪いわけではありません。

とはいえ、受験のたびに7,000円超かかるのは安い出費ではないですよね。会社が受験料を負担してくれるのであれば関係ない話ですが、個人が毎月受験しようと思えば年間で70,000円を超える出費が発生することになります。

もちろん、スコアをしっかり取ればそのぶん見返り(昇進・昇給)があるわけなので、考え方によっては良い投資とも言えますが、単純な金額として受験料を考えるのであれば安くはないですよね。

TOEICの受験料は年々値上げしているので、今後も高くなる可能性は十分あります。

「自分にとってTOEICの必要性は低い」と考えるのであれば、無理に受ける必要はまったくないと思います。

スコア不要なら、年1回のちからだめしで

英語学習計画

会社や学校でTOEICスコアが必要な人は別ですが、単純に力だめしで受験するのであれば年1回程度で十分かなと僕は思っています。

毎日8時間勉強するとか、濃密な勉強プランを遂行できる人は別ですが、そもそもTOEICのスコアはそんな簡単に上がりません。

がんばって毎月受験してもスコアは上がらないどころか、下がることも考えられます(試験ごとに微妙に難易度がちがうことがあるので)。そうなると、せっかく高いお金と時間を割いたのに、スコアだけ下がるという残念な結果しか残りません。これはメンタル的にかなりツラいです。

それなら無理に回数を増やすのではなく、「年1回の行事」としてTOEICを捉えるのがいいかなと思っています。年1回であれば、ほぼ確実にスコアは上がってる(むしろ上がってないとヤバい)ので、成長もしっかり実感できます。

また、TOEICは1度受験をすると、1年後の同月から3ヵ月間はリピート割引が効くので少し安く受験ができます。こういった制度も、年1回受験を後押ししてくれるかなと思います。

【失敗が激減】TOEIC初心者がまず最初にやるべき5つの対策
TOEICの勉強で最初にやるべきことをステップに分けて紹介していきます。最短でTOEICのスコアアップを狙っていきましょう。
タイトルとURLをコピーしました